東和アークス株式会社東和アークス株式会社

労働安全衛生への取り組みoccupational safety and health

労働安全衛生への取り組み

東和アークスグループでは、安全を企業経営の根幹と捉え、労働災害の未然防止と労働疾病の予防、健康保持を目的として、全社員一丸となって安全衛生活動に取組んでおります。また建設資材の供給に携わる企業として、交通安全教育についても、啓発活動に勤めております。

安全衛生基本方針

東和アークスとグループ会社は、労働安全衛生マネジメントシステムを運営し、社員全員の参加の基にリスク低減措置を実践することによって、職場の安全レベルの向上を図り、業務災害・通勤災害ゼロを目指します。

安全衛生取り組み事例

【安全巡視パトロール】

工場、プラント内外において、毎月定期的に安全巡視パトロールを行い、設備、施設、環境等物的危険要因、および作業、行動等人的危険要因の発見に勤めております。

【リスク評価会議】

安全巡視パトロールにより、特定した危険要因をリスク評価会議を事業場単位で開催し、リスク低減のための優先度の設定、リスク低減措置の検討、実施状況の確認を行っております。

リスク評価会議
リスク評価会議

【安全運転講習】

車輛を使用する社員を対象とした安全運転講習を定期的に行い、交通事故防止のための心構え、スキル取得の啓発を推し進めております。